手賀沼自然ふれあい緑道

 手賀沼の南側の岸に沿って、堤防上を北柏から曙橋まで、手賀沼自然ふれあい緑道が通っている。これがあるから沼を回ることが出来るし、写真も撮れる。いつも利用しています。

左が手賀沼。右は北千葉導水路(地下を管が通っている)、さらにその右は田圃。堤防上走る緑道のうち、左側の白いラインの間が自転車道。その右側が遊歩道。(2007年5月20日)

11月の早朝。人がいない。(2007年11月17日)

1月、朝8時前。犬の散歩。(2008年1月6日)

1月の朝。朝日が差している。写真ではわからないが、相当寒い。(2008年1月6日)

11月、朝6時前。朝焼けがきれいだ。湖畔に展望施設があって、そこに人が見えるが、たぶん朝焼けを撮っているカメラマンだろう。(2007年11月4日)

11月の朝。朝日にカメラを向けている。(2007年11月23日)

緑道は、いろいろなイベントに利用される。これは手賀沼ふれあいウオーク。延々と続く人の列。(2005年11月27日)

手賀沼エコマラソン。これも延々と続く。こんなイベントがあると、他の人は通れないので・・・・。不満も言えないが。(2005年10月30日)

人間ばかりでなく、動物も利用しているようだ。キジが横断しようとして、左右を注意している。この後キジは、手前の沼側から向こうの田圃の方に、上にある緑道を歩いて渡った。(2007年6月2日)

コブハクチョウも子育てに利用。雄が警戒していて、近づくと怒る。通行人はよけて通らざるを得ない。(2006年6月3日)

2008.6 作成