マガモ(真鴨)

1 ページ(全 2 ページ)

PREV 1 2 NEXT

 沼には冬場にいる。数はそれほど多くないが、あちこちで見られる。
 名前からすると、鴨の代表なのだろうか。食用として古来から狩猟され、また人により飼いならされてきたようだ。手賀沼でも、昔は採っていたらしい。アヒルの先祖はマガモで、アヒルとマガモのかけあわせがアイガモ。
 メスは地味だが雄は派手で、オスがいればすぐ分かる。

頭が緑色に見えるのがオス、茶色がメス。ゆったりと泳いでいる。(2005年12月29日)

これがオス。頭が緑で光沢がある。光線の加減で、青っぽく見えることもある。嘴が黄色。尾羽がくるっと巻いている。(2005年10月25日)

これはメス。全体に褐色。嘴は橙に黒が混じる。(2005年10月25日)

オスとメス。足は赤い。オスのには白い輪がある。(2005年10月25日)

(2005年11月5日)

網の近くで。(2005年11月22日)

メスが先に逝くことも多いように思える。(2006年3月8日)

ひっぅりかえって、底の餌をとる。草の根を食べるのか?(2007年3月10日)

雄が2羽。ゆったりと。(2007年12月8日)

ゆっくりと集団で移動。(2008年12月1日)

PREV 1 2 NEXT